「時か金か(Time or money)」の選択

f:id:MyaMore:20170925122707j:plain

 

「時は金なり(Time is money)」って言いますよね。

時間はお金と同じくらい大事だから大切にしなよってこと。

 

久しぶりに5日間アルバイトに身を投じていました。

今回は生活費を稼ぐために。

生活するためにはお金は大切です。

 

けれども、

・自分の自由に使える「時間」を削りすぎると生産的ではないなー

・アルバイトしてなかったら、本読んだり、ブログや動画の勉強、ランニングしたり有意義だっただろうなー

 

とも思ってしまって後悔。

 

本当に価値は「時間=お金」なのだろうか。 

ちょっと考えてみよう。

「時か金か(Time or money)」の選択

時給○○○円で働くということは、自分の自由な時間を切り売りしていること。

得られた報酬よりも切り売った時間を悔いている気持ちが大きい。

ということは今の僕の価値観は「時間>お金」です。

 

自由な時間で「ブログや動画の勉強」「ランニング」「読書」などやりたいことがいっぱい。

 今、「お金」は最低限あればいいとさえ感じます。

 

でも、これは何というか浅はかな考えだなと...

実際問題、お金がなくて困ることが最近多い。 

「お金がない」と「時間がない」のデフレスパイラルの中にいるのかな。

自由な時間を選択すれば、お金はあまり得られず。

お金を選択すれば、時間を削らなければならない。

 

いわば、「時か金か(Time or money)」になっている状態です。 

どちらか一つを選ばないといけない状態。

 

このスパイラルから脱却するには「自由な時間」で

 ・興味あることを学んで、スキルを磨いていくこと

  ⇒ 報酬や評価が得られるとこまでスキルを昇華させる

上の目標に付随して

 ・学び(考え)終わったら動く → 学び(考え)ながら動く に変えていく

 ・情報と知識のインプットとアウトプット

 

現状の僕にはこれらをする必要があると思います。

どちらも選べたら最強

自由な時間を過ごしつつ、お金にも困らない。

「時間」も「お金」も手に入れることができる、どちらも選べる状態です。

 

最強でしょ。

 

そうなることを目指すなら、お金だけ稼いでいても何も始まらない。

時間をとって、自分を育てなきゃ。

時間があるからこそ、お金を稼ぐことができる。お金を稼ぐスキルを育むことができる。

 

 そう考えると「時は金なり(Time is money)」の意味がしっくりくる気がします。

 

自分の時間を大切に使っていきましょう。

ではでは。