100冊の本を断捨離してきた【本やマンガをなかなか捨てきれない人へ】

 f:id:MyaMore:20171118232956p:plain

小説にマンガ、雑誌、専門書、実用書などなど

本を買っているとドンドン溜まってきて、部屋のスペースを奪われていきますよね。

本棚からもあふれて、床などに重ねられた状態に...

 

でも、本ってなかなか捨てられないですよね。

「あとで、読むかも」なんて思って残しちゃいます。

 

そんな本を断捨離仕切れない人へ 

僕が100冊以上の本を断捨離して思ったことや意識したことを伝えます!

なかなか本やマンガを捨てきれない人の参考になれば幸いです。

家にあるマンガ・本を100冊断捨離して思ったこと

さよならするべき本の判断が結構悩ましかった

「よし、持っている半分は売るぞ!」と思ってみたものの、面白かった本も多いだけにどれを売るかは結構悩ましい。

「いつか、もう一度読み返したくなるかもしれない」「続きを最近買ってないけど、残すべきか否か」「好きな絵柄、好きな作家だから残しておくか」

 

本棚にある本をまじまじと眺めながら、どれを残してどれを売るかを選定してました。

断捨離あとのすっきり感は異常

いらない本を除けて、整理した本棚はすっきりとしていて見ていて心地よい!

本棚に入りきらないほどマンガ・本があったので、なおさら片付きました。

 

今後、新しく買うであろう本も余裕で収納できます。

予想より買い取り金額が高くてハッピー♪

中古品を売るときは、あまり買い取り金額を期待してはいないです。

期待を裏切られる金額を提示されるとがっかりするので笑。

 

今回も1冊あたり15円くらい、総額1500円になれば良いかなっと思っていたところ。

なんと!合計で約4500円にもなりました!!うれしい!

 

いらない物を売って、お金がもらえるのは最高!!

断捨離するマンガ・本の選定方法

以下、100冊のマンガ・本を断捨離したときに意識したことです。

「いつか読み返すかもしれない」は本当か?を考える

本棚には懐かしい作品、面白かった作品がいろいろあるはずでしょう。

その中から売る本を探しているとき、頭によぎるのは「いつか読み返すかもしれない」ということ。

その気持ち、わかります。本棚に残しておけばいつでも読み返したくなったときに読み返せますよね。

 

でも、” 本当に ” いつか読み返しますか?

 

本棚に押しやられているその本を今までに” 読み返したことがあるか " " 読み返したくなったことがあるか " を自分の記憶から探ってみましょう。

 

ない場合は売ってしまいましょう。

これからも読み返したいと思うことは可能性としては少ないです。

ある場合は残しておいても大丈夫でしょう。

しかし、もう読み返す必要が無いくらい話の内容を覚えているのであれば売ってもかまわないと判断しましょう。

 

もし、読み返したくなったら買い戻せば良いと割り切りましょう!

「次巻を買う」のをサボっている作品は売る

僕は多くの作品(マンガ・小説)を買っています。

その中には続きの巻が販売しているにもかかわらず、買うのをサボる作品が出ていました。

次巻を買うのをサボっているということは、その作品に対して興味が薄れている証拠です。

 

「買う予算がないだけで買う気はある」わけで無ければ、潔くすべて売ってかまいません!

f:id:MyaMore:20171118233511j:plain

思い入れの強い本は残す、そうでないものは売る

「イラストが好き」「作風が好き」「話の内容が本当に好き」「これは名作だ」

「今後読み返しても役に立つ」「本としてだけで無くインテリアとしても置いておきたい」など

自分の思い入れが強いマンガ・本は残しておきましょう。売って後悔するのだけは避けたいものです。

 

たとえば

僕はミステリー作家の米澤穂信さんの作品が好きなので、今回の断捨離では1冊も売っておりません。

本棚に美しく並べて飾って置きたいですし、ふとしたときに読み返すので。 

マンガだとヤスダスズヒトさんの「夜桜四重奏【ヨザクラカルテット】」を残しました。

「イラストの絵柄が好き」「話の内容が好き」「全巻揃えたい」という気持ちが強かったので。

 

自分にとってこれだけは売りたくない本を決めましょう。

逆にそうでないものは、売っても構いませんよね!

消費的に読んでいる本は最新刊を残して売る

消費的に読んでいるは最新刊から2,3冊残して売りました。

 

消費的に読んでいる本というのは

最新巻より以前の巻を読み返す気は無いけど、今後も続きを読む気があって買い続ける本のことです。

 

特に四コマ作品やほのぼの系マンガなど、前巻と話が続いていないもので読み返さないと判断した本は最新刊を残して売りました。

シリーズものであれば、〇〇編など話の区切りの良いところで分けて読まない部分を売ってしまうのも良し。

 

全巻揃っていないと気持ち悪さを感じる方にはオススメできませんが。

 

「揃えなくてもいいよ」「発売日に買うこだわりがない」場合は、

全て売ってしまってゲオやTUTAYAで" 本を借りるスタイル " になるのもいいですね。

 

また、Kindle(電子書籍)に切り替えてしまうのもオススメです。

電子媒体なら場所を取らないので、そもそも断捨離の必要もなくなってきます。

 

Kindleの良いとこ、悪いとこを下記事にまとめています。

www.mapout-compass.com

おわりに

なかなかどうして本やマンガは断捨離しづらいですよねー。

でも、いらない本を売ることでお金も貰えるし、スペースも確保できます。

良いことづくしですね。

 

必要不必要を見極めて、後悔しない断捨離していきましょう!