「どうぶつの森 ポケットキャンプ」はのんびりやるべきゲームだ!

どうぶつの森ポケットキャンプをやり始めた僕ことコンパスです。

21日の先行配信?は凄かったですね。通信エラー祭り!

僕は夜21時頃からやっと始めることができましたよ。

 

2日間やって今のキャンパーレベルは13ぐらい。

 

今までやってきた「どうぶつの森」よりもなんだか、忙しくやっていました。

DSの方はマイペースにやりたいことやってできるんですけどね。スローライフ感半端ない。

今回のアプリの方は、レベルや好感度、お願いの時間制限など結構時間にシビアなかんじだなと2日間やっていて思いました。あとスマホだからいつでもできちゃう。

配信当日のYoutubeではレベル10までずっとやっている生放送もいくつかありました笑

ツイッターでもかなり話題で、いろいろ情報も集められるしフレンド募集もしている。

 

良くも悪くもソーシャルゲーム感が組み込まれましたね(笑)

 

他の人に負けじと?ガツガツとレベル上げをやっていたんですが、思ったんですよ。

「あ、このペースでやると1週間で飽きるやつだ...」

「どうぶつの森」系のゲームはのんびりやるべきゲームですね。

f:id:MyaMore:20171123181923p:plain

のんびりやるべきゲーム

代表格はそう!「どうぶつの森」ですよ。他には「Minecraft」や「ポケモンGO」、そのほか育成ゲームとかですかね。

のんびりやるべきゲームは常に自分なりの " 目的 "を持ってプレイする必要があります。

「どうぶつの森」だったら、素敵な家具を揃えるとか虫・魚図鑑をコンプするとか

「Minecraft」だったら、建築や街を作り上げるとかダンジョン・ボス攻略とか

 

こののんびりやるべきゲームを一気にやるということは、次々に目的を見つけて消化する作業を短時間でやると言うこと。

あれこれと短時間で詰めてやるとたとえゲームでも疲れますよね。

プレイするのに疲れて、やめてしまう。目的をやり尽くして、飽きてしまう。

「なんかお腹いっぱいだ、もういいや」って感じ。

 

「ポケモンGO」が配信されて話題になったときも、がっつり1週間くらいプレイしていました。(周辺地域を練りに練り歩きました)

しかし、ポケモンを捕まえる・プレイヤーレベルを上げるという単調な目的しか立てられなかったので、すぐに飽きてしまいました。(地方でポケモン出現地が限られていることも原因ですが)

 

決まったストーリーがないゲームを長くプレイするには、自分自身の " 目標 "を見つけながらプレイしていく必要がありますね。 

できる限り、単調ではなくやりがいがある目標を。

どうぶつの森 ポケットキャンプは何かが違う?

今回の「どうぶつの森 ポケットキャンプ」では自分自身の" 目標 "を設定しにくくなっている気がします。以下の理由が考えられます。

1. 虫、魚など図鑑要素がない

 「どうぶつの森」といったら採集だと思っているのは僕だけではないはず。今のところ図鑑機能は実装されていない!お使いのためだけに虫・魚を捕っている感じが半端ない。ぜひ、今後の更新で実装して欲しいですね。

2. レベルや好感度が可視化されている分、そこしか焦点が当たらなくなる

 冒頭でのYoutubeの生放送、僕のプレイした感想から。多くの人が数字というわかりやすい目安を目的にしがちになっているかもしれないですね。(ゲームシステム上仕方ないことかもしれないけど)レベル上げだけでなく、キャンプ場の整備を目的としている人は長続きするかも?

3. おつかい要素が単調、会話がレベル上げの目的になっている

 お使い要素が凄く単調!簡単なのは良いんだけど、虫・魚・果物をどうぶつのためだけに集めている感が凄い。というか、会話のほとんどがお使いの話のような...? 「話が聞きたい」というより「レベル上げのため」に話しかけているみたいな!

僕の意識の仕方次第なんですかねー。

 

レベル上げだけではなく、自分なりの" 目標 "も持ってプレイして行ける人は生き残っていくのではないでしょうか!(あとは、根強いファンの方)

今後、どのようにゲームの要素が増えていくのか楽しみですね。

おわりに

この2日間はがっつりプレイしてきましたが、

「どうぶつの森」は好きなタイトルなので長く続けたいので、まったりプレイに切り替えていきたいと思います!  

植物やナチュラル系の家具を揃えていきたいなー。

 

このまま勢いを保って、一時期の「モンハン」のような一つのコミュニケーションツールとして活躍すれば良いですね!

 

ではでは。