MAP OUT !!

日々気づいたこととか書いていきます。本音で生きる場所

見やすい!話しやすい!プレゼン資料の作り方【PowerPoint】

f:id:MyaMore:20180508233518p:plain

大学生、社会人になると何かとプレゼンテーションをする機会が増えますよね。

調べ学習で、講義で、研究発表で、新企画案の紹介で、勉強会で、などなど...

 

どうせプレゼンをするなら、見やすく・わかりやすく・かっこよく発表したいですよね!?

そんな良いプレゼンをするための決め手は、話し方?いいえ。" 発表スライド "です。

発表スライドの作り方次第で、

聞き手側の理解のしやすさ話し手の説明のしやすさが変わってきます!

 

整然としたスライドを作りさえすれば、話し方に多少自信がなくても

プレゼンテーションの内容を理解してもらう事はできます。

 

そこで、今回は見やすい・わかりやすいスライド作りのポイントをまとめました。 

" BAD "スライド

では、まず始めにどんなスライドが見づらいのか?発表しづらいのか?を見ていきましょう。

 BAD. 文章が羅列しているだけ

ずらぁぁぁぁぁっと文字しか書いてないやつです。

話を聞きながら文章に目を通すのは大変ですし、まとまりがないのでいまいち何が言いたいスライドなのか理解されません。

f:id:MyaMore:20180508232049p:plain

発表原稿が全部書いているようなスライドはやめましょう。

話し手も読むだけの単調作業になって、しらけたプレゼンになってしまいます。

 

BAD. グラフや写真の配置がばらばら

図や写真が右に左に、上に下に、時には真ん中にばらばらにあると

聞き手はどれに注目すればいいか分からなってしまいます。

目線の動線が右往左往してしまい、聞きづらいスライドとなってしまいます。

f:id:MyaMore:20180603191010p:plain

話し手側からしても、整理整頓されていないので

説明の順序を間違えたり、しどろもどろになってしまいます。

また、説明に関係ない(使わない)グラフや写真を入れないようにしましょう。

 

BAD. 色の使いすぎ

黒一色ではつまらないスライドですが、

逆にカラフルすぎても重要な部分が伝わらなくなってしまいます。

色枠や塗りつぶし枠で囲った文字に色をつけることで、見づらさが増します。

f:id:MyaMore:20180509220546p:plain

" GOOD "スライド

上の項目でどんなスライドが" 悪い "スライドかはおわかりいただけたでしょうか。

"良い " スライドを作るためには、悪いスライドの" 逆 "を実践すれば良いのです!

 GOOD. 文章を減らして、箇条書きにする

下のスライドは1.BADを箇条書きに直したものです。

自分が言いたいこと、伝えたいことを項目ごとに分けて箇条書きにしました。

内容が整理されて余白もあり、見やすくなりましたね。

f:id:MyaMore:20180508232126p:plain

文章を減らして、

項目ごとに箇条書き、矢印などを活用して伝えたい内容を整理しましょう。

 

GOOD. グラフや写真は左詰め or 上半分に配置する

スライドや横書きの文章を見るとき、人はまず左から右へ移ります。また、上から下へ目線を運びます。

そのため、図や写真は左⇒右、上⇒下になるように配置しましょう!

説明する内容の順番と図を並べる順番も一致させましょう。

f:id:MyaMore:20180603190946p:plain

f:id:MyaMore:20180603190955p:plain

 

プレゼンの目的は" 文章を見てもらう " ではなく、" 図を見ながら説明を理解してもらう "ことです。

図を見やすい位置に置くことが、良いプレゼンの第1歩です!

 

GOOD. 重要な部分だけ色をつける

BAD3のスライドの文字色を黒・のみに限定し、枠で囲むのも一カ所に絞りました。

このスライドでは、最も伝えたいことは赤塗り枠で囲った部分となりますが

シンプルにすることで一番目を引く部分となりましたね。

 

また、今回は各項目で目立たせたい内容を、次に目立たせたい部分をで着色しています。

f:id:MyaMore:20180509220631p:plain

スライド一枚につき、目立たせたい部分を一か所に絞るのがベストです!

おわりに

プレゼンテーションは聞き手に内容を理解してもらう事が目的です!

それには、整理整頓されたスライドが必要になります。

プレゼン資料の作成に力を入れて、見やすい・わかりやすいスライドを目指しましょう!!

 

また、プレゼンテーション・発表のときに緊張しやすい方々には以下の記事が参考になればと思います。

myamore.hatenablog.com

 今回の記事が皆さんの参考になれば、幸いです!

 ではでは。