ブロガー冥利に尽きるもの

f:id:MyaMore:20180705224550p:plain

先日、突然に

Twitterの通知がなって見たところ、

知らない方から僕の過去ツイートにリプライが来ていた。

 

ざっくり内容をいえば、

「記事を拝見しました。わかりやすくて、為になりました!」

というコメントでした。

 

もうなんというか、とてつもなく嬉しかった(コメントをくださった方に感謝)

 

ブログを始めてかれこれ10ヶ月くらい経つ中、このような嬉しいコメントをいただいたのは初めてだった。

 

この10ヶ月間はしばしば、

・自分の書いた記事ってほんとに読まれてるの?

・検索にちゃんと引っかかってるの?

・まさか自分だけ、ネットの孤島にブログ立ててるんじゃないの?

なんて思う日もあったけど、なんとか安心して良いらしい。

 

感謝のコメントをもらって、

ブログを続けてきて本当に良かったと思えた。(まだ10ヶ月だけど)

これからも続けていこうと思えるエネルギーをもらえました。

 

自分が書いた記事が、どこかの誰かの役に立っている。

ああ、これがブロガー冥利に尽きるものなのか

思えば、僕も

毎日のように、どこかの誰かのブログに助けられている。

 

・会社で分からないことがあるときの調べものに

・趣味や興味の情報収集に

・辛いことや悩みごとを解決するために

・お昼休みの暇つぶしに

・ブログの書き方の勉強やネタ探しのために

 

一番、思い出深いのは「就活で上手くいかずに悩んでいたとき」だったかな。

 

「就活浪人」とか「就活 失敗」「就活 失敗 人生終了」「無い内定」などなど

あのときは、夜な夜な不安をかき消すかのようにで検索したものです笑

 

検索してみると、

・就活が上手くいかない同志の叫びが書かれたブログ

・就活失敗したけど、人生なんとかなってるよ!っていうブログ

・挽回方法を教えてくれているブログ

・そもそも、就活システムのおかしさを説いているブログ

 

たくさんの記事にあふれていて、どれも僕の不安や疑問に答えてくれた。

「就活に失敗しても、人生終わらないんだ。」「会社に入らない生き方というのもあるんだな。」「自分と同じような、いやそれ以上辛い思いをしている人も居るんだな。」

 

あれは今思うと、たくさんのブログにたくさんの勇気をもらえた経験なのだなと思う。

今度は、自分の番

ブログに助けられた僕。今度は自分が自分のブログで

 

誰かの悩みや不安を和らげてあげたい。

誰かの分からないことを分かるように手助けしたい。

誰かの退屈な時間を楽しい時間にしたい。

 

ブログで世界を救うことはできないけど、

ブログを読みに来た人の助けになることはできるはず...

 

なんて、くさいことを言ってしまったけど

感謝のコメントをいただいたのが、本当に嬉しかっただけです笑

 

よし!

これからも、細く長くブログを続けていこう!