自分を作り上げたゲーム作品4選を語る

f:id:MyaMore:20180726224214j:plain

twitterで「#自分を作り上げたゲーム4選」というのが盛り上がっていたので

今回は今の自分を作り上げただろうゲーム・自分がよく覚えているゲーム4つについて、思い出を語ったり・紹介したりと雑多に話していこうと思います!

共感してもらえると嬉しいです!!!

ロックマンエグゼ2

  f:id:MyaMore:20180725232350j:plain

CAPCOM 「ロックマンエグゼ2」パッケージ

少年のころ、このゲームの世界観がいつか実現しないだろうかとわくわくしたゲーム。

 

ネットワーク社会が今現代よりも高度に発展した世界が舞台で、ネットの世界「電脳空間」や人格をもつプログラム「ネットナビ」というのがキーワード。

高度に発展した便利なネット社会のなかで起きるネット犯罪・事件を

主人公:光 熱斗と相棒のネットナビ:ロックマンが解決し、裏で暗躍する組織に立ち向かうストーリーです。

 

ゲームをやっていた当初、主人公:光 熱斗がちょうど自分と同じ年くらいだったのも相まってハマったゲームですね。

ストーリーがヒロイックなだけでなく、ゲームのシステムも熱中させられた要因だと思う。

・自分の陣地9マス(3 × 3)でロックマンを自由に操作して闘えるRPG要素

・バトルチップ40枚デッキを駆使して闘うカードゲーム要素

・そのバトルチップのコンボや使うタイミングも自分で選択できる

・ロックマンに4つの属性(スタイル)があり、それぞれ長所短所がある

など非常に戦略性の高いゲームシステムが子供のころの僕を飽きさせることは無かった。

自分の操作技術 × 選択・判断 × カードの引きの運 が合わさって、似たような敵とのバトルでも毎回戦略を考えるため楽しかったのだと思う。

 

最近は人工知能AI仮想現実VRIoT化などの技術が顕著に

発展していますよね。

もしかしたら、生きているうちにロックマンエグゼのような世界が実現するかもしれないですね。

そう考えると、わくわくが止まらない!

ポケットモンスター ルビー・サファイア

  f:id:MyaMore:20180725233648p:plain

任天堂 「ポケットモンスタールビー」パッケージ

ポケットモンスター金・銀・クリスタルも面白かったけど、

なんといってもフルカラーになったポケモンたちに衝撃を受けたのがポケットモンスタールビー・サファイアです。

僕はルビーでした!僕の父がサファイアをやってました!

 

グラフィックや色彩がアップグレードされて、より一層ポケモンの世界に引き込まれた作品でした。

 

なによりも思い出深いのは、新要素であった「秘密基地作り」にハマったこと。

秘密基地って子供心をめちゃくちゃくすぐってきますよね。

好きなポケモンのぬいぐるみを置いてみたり、ポケモンジムみたいな迷路やギミックを再現してみたり

理想の秘密基地の間取りはいくつもあって、理想の間取りを探すことに明け暮れました笑

それに、秘密基地に現れる友人や友達の友達のデータとポケモンバトルするのが楽しかった。

 

ポケモンシリーズは新たにニンテンドースイッチのソフトとして

「ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ」「ポケットモンスターLet's Go! イーブイ」が2018年11月に発売予定ですね!

買おうか迷ってしまいます...買うとしたら、「Let's Go! イーブイ」のほうかな!

モンスターハンターポータブル2nd

          f:id:MyaMore:20180725232421j:plain

CAPCOM「モンスターハンターポータブル2nd」パッケージ 

一番、ハマっていた時間が長く友達とやり込んだゲーム。

 

たしか、中学1,2年生のころに周りの友達から面白いと勧められて買ったはずです。

それまでは、ゲームボーイアドバンスやニンテンドーDSなどの任天堂ハードは持っていたのだけれど、ソニー系ハードであるPSPを僕自身持っていなかった。

 

" 僕 " は持っていなかったのだけれど、" 僕の父 "が何故かPSPを持っていたので

ものすごくお願いをしてPSPを貸してもらい、モンハンに興じていたのを思い出しました笑

PSPを手にしたときは少し大人の階段を上った気持ちになりました。なんででしょうね笑

 

モンスターハンターポータブル2ndを遊び始めてからは、毎日のようにこれでもかというほどやっていました。

部活が終わったあとや休日は必ず誰かの家に集まって、みんなでわいわい言いながらモンハンをやっていた。

メインクエストや村クエストの進捗を毎日報告し合って、張り合った友もいた。

協力して強敵をやっと倒したときの一体感とうれしさは半端なかった。

 

あのとき、僕たちは狩りに夢中だった。楽しい思い出しかない!

 

今の「モンスターハンター:ワールド」は、オンラインで離れた場所にる友達ともゲームができる便利なゲームとなりました。

でも、あのころの友達と顔を合わせながら面と向かってやるゲームも凄く楽しかったなとしみじみ思います。

キングダムハーツⅡ

          f:id:MyaMore:20180726221512j:plain

スクウェア・エニックス 「キングダムハーツⅡ」パッケージ

ゲームのストーリー、グラフィックに感動したゲーム。

僕はキングダムハーツⅠをやらずに、Ⅱから入りましたが全然楽しめました。

(ゲームのOPがⅠのあらすじになっているので、未プレイでもざっくり雰囲気で分かる)

 

ディズニーの可愛い世界とFFのようなかっこいい世界観が見事にマッチした雰囲気のゲームで、途中に入るシーンもディズニー映画を見ているようなクオリティーでプレーヤーを飽きさせなかった。

というか、ゲーム全体が一本の映画のようで、一度進めたら次が気になってしょうが無くなります!

 

ストーリーを進めていくほどに面白さが増し、そして物語の謎も深まっていくのが魅力的でした。

私見ですがキングダムハーツは" 繋がる心 ""見えない絆 "をテーマにしていると考えています!感動するシーンや勇気をくれる言葉が盛りだくさんです。

 

Ⅰ、Ⅱ以外にも複数のハードで、キングダムハーツの外伝が出ているのですが、全部やったとしてもストーリーの謎を解くのは難しいかもしれません笑

ゲームのストーリーを考察するのもひとつの醍醐味です。

 

来年の1月には続編である「キングダムハーツⅢ」が発売される予定で、めちゃくちゃ楽しみなゲームのひとつです!

制作者いわく、Ⅲで今までのストーリー " ダークシーカー編 "が完結するそうなので

これはやらない手はないですね!!