アシンメトリーが格好いい!HGBDガンダムアストレイノーネイムを紹介【ガンプラレビュー】

f:id:MyaMore:20180804181331j:plain

HGBD ガンダムビルドダイバーズ ガンダムアストレイノーネイム 1/144スケール 色分け済みプラモデル

今回はHGBDガンダムアストレイノーネイムを紹介します!

作製時間は2時間10分程度でした。参考にどうぞ!

HGBDガンダムアストレイノーネイム

「ガンダムアストレイノーネイム」は2018年4月から放送中のアニメ「ガンダムビルドダイバーズ」に登場する機体です。

搭乗者は「シバ・ツカサ」であり、ファーストシーズン(1話~13話)のラスボスと言っていいでしょう。

そして、主人公の機体「ガンダムダブルオーダイバーエース」と闘った最後のガンプラでもあります。アニメを見てない方は是非、見てみてください!

 

本機体は「ガンダムSEED」やその外伝シリーズで活躍する「ガンダムアストレイ」をベースとしてカスタムされた機体です。

仮想空間で闘うGBN(ガンダムバトル・ネクサスオンライン)が始まる前に存在したGPデュエルといわれるガンプラバトルから使用されているガンプラです。

 

バトルでの破損がそのままガンプラに影響するGPデュエルを何百回も繰り返し、「壊れては直す、壊れては強くする」ことを繰り返された機体です!!(「壊れたら直す」というと「ガンダムビルドファイターズ」シリーズを思い出しますね!)

 

そして、完成されたのがこの「ガンダムアストレイノーネイム」だ!!

 

キット紹介

f:id:MyaMore:20180804182015p:plain

f:id:MyaMore:20180804182029p:plain

ベース機体の「アストレイレッドフレーム」の白・赤の基調に加えて、ブラウン色が目につく配色となっております。

白、赤に加えてダークブラウンを入れることで、「ラスボス感」や「まがまがしさ」が感じられますね!

 

そして、この機体の特徴はなんと言ってもアシンメトリー(左右非対称)でしょう!!

右部分は「ノーネームユニット」が肩に装着されているほか

右手は拳ではなく、「ガンレットセイバー」というビーム刃を発生させる装備になっています。

右脚部は装甲が一段階はがれており、まさに歴戦のガンプラっといった感じです。

武装

f:id:MyaMore:20180804183641p:plain

武装は「ノーネイムユニット」と右手の「ガンレットセイバー」の二つとなっています。

「ノーネイムユニット」には3形態あり、キットでは接続パーツを変えることでそれぞれの形態に飾ることができます。

f:id:MyaMore:20180804185003j:plain

防御モード

基本の状態で、マントのように右肩を覆う形態。

耐弾性に加え、ビームコーティングも施されている。    

射撃モード

大型の射撃武器として使用する形態。

「Bスマートガン」と呼ばれ、中・長距離攻撃に優れている。

決戦モード

ユニットを背中にドッキングさせた形態であり、「ナイトロシステム」を発動させる形態。

ユニットからブレイドドラグーンを5枚射出し、自由に操ることが可能。

 

大型武器の変形はロマン!!

余剰パーツ

f:id:MyaMore:20180804185743j:plain

今回の余剰パーツは

・アストレイレッドフレームの胸部装甲

・アストレイレッドフレームの腕部フレームの一部

・アストレイレッドフレームの腰部

・アストレイレッドフレームの脚部フレームの一部

とこれまでのキット紹介した中では少ない結果となりました!

ギャラリー

最後はポージング写真を眺めて終わりです。

ポージングするときは、拳よりも平手が映えるキットでした!

f:id:MyaMore:20180804190631j:plain

かかってこい。本物のガンプラバトルを教えてやる!

f:id:MyaMore:20180804190650j:plain

射撃モード!!

f:id:MyaMore:20180804190704j:plain

ナイトロシステム発動!!

 

以上、「ガンダムアストレイノーネイム」でした!