何もやる気が出ないときやる気を出す5つの方法を提案

f:id:MyaMore:20180909232748j:plain

「やりたいこと」「やらなきゃならないこと」があるのに、なぜか" やる気 "が出ない。そんなときは、ないでしょうか?

振り絞ろうとしても、なかなか" やる気 "が出てこない。

どうして?なぜ?と焦ってしまうこともあるでしょう。そして、余計に集中力を欠いてしまう。

 

「やりたい」はずなのに、「やらなきゃならない」のに自分のやる気がでなくてものごとが進まない...ダラダラしてしまう自分に嫌気がさしてくる...

 

もやもや...もやもや。頭の中にはもやもやが募る一方です。

 

そこで、今回は

どうしても " やる気 "が出てこない人に試してほしい「やる気を出す」5つの方法を提案します!

着替えてみる

何もやる気が出ない...と思っているそこのあなた!今の服装は大丈夫でしょうか。

服とは意外にも、気分のON/OFFのスイッチになります。

やる気でないときは、やる気の出る服装に着替えてみましょう!

 

運動するときは、動きやすく撥水性のいいような快適・爽快な気分になる服を着る。

寝るときは、ゆったりとした自由がきいてリラックスできる服を着る。

会社や学校では、気持ちを引き締めるようなピシッとしたスーツや服を着る。

 

TPO(時間と場所と場合)をわきまえて服装を選ぶように!とよく言われますが、

逆に服装というのは、人の気分やパフォーマンスを左右してしまうものです。

 

運動着を着たら、ちょっときつい運動でもできるようなエネルギーが湧いてきませんか?

寝間着を着たら、なんだか急に眠たくなることないでしょうか?

スーツや作業着を着たら、背筋が伸びてきっちりやろうとやる気は出ませんか?

 

いつまでも寝間着のままでいる・ダラダラする服を着ている状態で

「あーやる気でないわー」と思っているのであれば、さぁ今すぐ着替えましょう!!

とりあえずちょっとやってみる

「なんかやる気でないな...」と思いながらYouTubeやテレビを見たり、TwitterのTLをボーっと眺めているなら

今すぐ、ブラウザを閉じ、テレビを消し、SNSアプリを終了してみましょう。

 

やる気がないからと、ぼーっとしていてもやる気はでません。

であれ、とりあえず5分だけでも、先っちょだけでもやってみませんか?

「5分だけ、5分だけやってみよう」と机に向かってみたり、本を開いてみたり、作業に使う道具を用意してみたり...

そうすると、あら不思議!気がついたら夢中になってやっている!

 

やれなければ、始まらない。

仮眠してみる

もしかしたら「やる気が出ない」と錯覚しているでけで、ただ疲れていて眠いだけかもしれません。

仕事から帰ってきて趣味に打ち込もうとしている方に多いでしょう。

せっかく会社から解放されて、好きなことができるのに体が心が動かない...

夜の貴重なプライベート時間なのに、テレビやYouTube、ぼーっとして終わってしまう...

 

そういう方は、往々にして疲れているだけ!やる気がないのではなく、疲れているだけ!

そんなときは、仮眠しましょう。目をつむるだけでもいいです。

10 ~ 15分の仮眠をするだけで、頭がスッキリし、体も動くようになりますよ!

あえて、「やらない宣言」してみる

上の話では「ちょっとやってみること」を提案しましたが、これはその逆と言って良い方法です。

「やらなきゃならない、しなくちゃならない」と悩んでやる気が出ないときは逆に考えてみましょう。「別にやらなくてもよくね?」と。

 

つまり、自分に対して「やる気無い?じゃあ、やーらない」と宣言してしまうのです。

 

そうすると、

「やっぱり、なんかやりたくなってきた」

「あれ?ほんとにやらなくても大丈夫なのか?自分はそれでいいのか?」

 

"should to (しなければならない)"から " want to (したい) "に切り替わっていきます。

やる気がないからとやらなかったときのリスクを想像して、不安にもなります。

 

「やるな」と言われると「やってみたくなる」ような、人の" あまのじゃく "な部分を利用してみたり、自分にリスクを考えさせる機会をつくって不安を煽ってみるといいでしょう。

この方法は「締め切りのあるもの」や「重要度・優先度の高い仕事や作業」に対してやる気がでないときに、より有効です。

目標を分割してみる

目標があるのにやる気が出なくて...という方 

もしかしたら、大きすぎる目標ひとつに苦しめられているのかもしれません。

 

・立てた目標が大きすぎて果てしなく感じている

・自分の成長度合い、現在の目標達成率が見えてこない

・どうアプローチすればいいか分からなくなった

こんなことがあると、やる気をなかなか出せませんよね...

そんなときは、目標の達成地点や期間を分割してみましょう。

 

例えば、いままで運動をほとんどしてこなかったのに

いきなり「1年後にフルマラソン完走する!!」という目標を掲げているとしましょう。

ランニングになじみのない方にとって、「フルマラソン完走」は大きな目標です。

 

そして、いざランニングを始めてみても始めはランニングをするも

日々の忙しさや疲れ、他の誘惑、練習をしてもいまいち成長感じない等の「やる気が出ない理由」が襲ってきます。

 

どうすれば良いのかと言うと

・フルマラソンの前に10 kmマラソン、ハーフマラソンに目を向けて練習する

・1~2ヶ月に1回など定期的に、決まった距離のタイムを記録する

・まずは、ランニングの習慣化を目標とする

 

大きな目標を掲げることは悪いことではありません。

ただ、それを達成するためにはそれ相当のやる気、努力が必要になります。

 

・大きな目標までをステップアップ形式に分割、ゴールまでの通過点を設ける

・定期的に自分の実力、目標達成率を確かめる機会を設ける

 

この2点を念頭に置いて、目標を考え直してみましょう。

" 目の前のやるべきこと "" 自分の立ち位置 " を明確にできて、やる気が戻ってくるのではないのでしょうか!