11月はトルコリラと豪ドルで大勝利!【3ヶ月目】

f:id:MyaMore:20181204154124j:plain

お久しぶりです。More(モア)です!

2018年11月のFX取引の結果はタイトルの通り、大勝利を納めることができました!

要因としては豪ドルとトルコリラの買いポジションが上手くハマったことですね。

 

先月10月では-24,000円の損失を出してしまっていましたが

www.mapout-compass.com

 今月はスワップポイントも合わせて、+12,6000円の利益を出すことができました!!

豪ドルは10月下旬に買っていたものを11月初旬に売り出し、

トルコリラは常に上昇傾向だったため、定期的に買いポジ→売りを繰り返して利益を出せました。

ざっくりとした内訳はトレード損益が+100,000円、スワップポイントが+26,000円となります。

11月最後にはトルコリラの売りポジションにチャレンジしてみましたが失敗しました。その損失が無ければ、+15万円ほども夢では無かったかもしれませんね。

投資金額

実際口座に入れていた金額は20万円ですが、

ここでの投資金額は11月スタート時点での預託証拠金額とします。

10月は少し損失を出してしまったので、投資金額は19,6000円(端数切り捨て)からスタートしました。

取引銘柄とトレード傾向

今月の取引銘柄はトルコリラ(67%)と豪ドル(19%)が大部分を占めています。

他にはメキシコペソ(MXN)、ユーロ(EUR)、南アフリカランド(ZAR)、イギリスポンド(GBP)、米ドル(USD)

 

かなり節操なしに、チャンスを見つけては買いポジションを取っては売ることを今月は行いました。

なぜ、買いポジションにこだわったのかというと....自分が売りポジションが苦手だからです笑。

 

 

買いと売りのポジションの違いは、

買いポジ:スワップポイントがプラスな銘柄が多い

→長期的に保持しても利益が出る

→予想外の下落をされても強気でトレードできる、すぐ損切りに逃げない

売りポジ:スワップポイントがマイナスな銘柄が多い

→長期的に保持すると損失が大きくなる

→予想外の上昇をされると嫌な気持ちになり、すぐに損切りに逃げてしまう

 

 

自分の場合はスワップポイントのプラスマイナスの違いで、精神的なトレードの差が出ているようです。

スワップポイントの大きな新興国通貨(トルコリラ、メキシコペソ、南アフリカランド)あたりは自分と相性がいいのかもしれません。

 

自分の精神的なトレード傾向を分析してみることで、自分に合ったトレード方法を見つけられる or 編み出すことができそうですね。

 

僕は買いポジを中心にこれからもトレードしていきます。

売りポジに関しては損失覚悟でショートトレードの練習をしようかなと!

10~11月の豪ドルの動きと12月の作戦

f:id:MyaMore:20181204163736p:plain

豪ドルの動きは10月に78円台まで下落を続け増したが、11月手前からじりじりと上昇を続けて行きなんと83円台まで到達しました!

僕は10月下旬に買いポジションを入れて、11月初旬に81円後半で売りに出してしまいました。まさか83円まで上昇するとは思いませんでした。

83円まで我慢して保持した方々はかなり利益を出せたのではないのでしょうか!

 

11月中旬から下旬にかけては81円台まで一度下がるも83円台に再び戻り、12月初めには84円台に近づく動きを見せていますね。

 

これからさらに84~85円台に行くのかどうかですね...

 

今から83円台で買いポジションに入る勇気はさすがにありませんので笑

12月は様子を見て、さらに上がるのであれば手を付けない方向

逆に、大きく下落して年末あたりまでに78~80円台に下がれば買いを考えています!

10~11月のトルコリラの動きと12月の作戦

f:id:MyaMore:20181204164905p:plainトルコリラは10月~11月連続して上昇していく動きを見せました。

11月初旬の時点で21円までは上がりそうだなと、日足や12時間足を見て予想していました。

一方で、暴落するリスクがないとは言い切れなかったので、まるまる1ヶ月長期保持はしませんでした。

大きく上昇→700~1000pipsの下落の傾向が見られたので、

底値で買いポジション→上昇したら売り→下落したら買いポジション→上昇したら売り

を今月は買いほど繰り返しました。

 

結果、予想と分析がだいたい当たったことで利益を出すことができました。

11月当初はまさか22円まで刺さるとは思っていませんでいたが!

 

10月、11月の傾向を見ると徐々にですが、上昇の勢いが削がれているように見えます。

上昇の傾きがどんどん小さくなだらかになっていますので、12月はこれまでのように上昇の一辺倒とはいかないかもしれませんね。

 

ハルクバンク裁判の結果も大きく影響するとも聞き及んでいるので、

20~22円台でのレンジ相場となるのか、再び20円台を切って下落していくのか注意しながらトレードをしていく必要があると考えます。

 

12月傾向が見えるまでは、トレード数を減らして慎重に動いていきます。

12月の目標

11月は+60%増と先月の目標を大きく上回り、トータルの損益もプラスに戻すことができました。

それでも、調子に乗らずに負けないトレードをしていくことが目標なので

欲張らずに+10~20%の利益を目指して行きたいところです!!